ジブリ

猫の恩返しのバロンのフルネーム(本名)と名前の由来は?種類も調査!

更新日:

スタジオジブリの「猫の恩返し」。

宮崎駿監督・高畑功監督ではない作品ですよね。

因みに監督は森田 宏幸(もりた ひろゆき)さん。現在はスタジオジブリを辞めてフリーで活躍されているようです。

猫の恩返しが公開された当時、絵がトトロや魔女の宅急便などとは違っていることで、ジブリっぽくないな~と感じた方も多かったのではないでしょうか?

しかし!結果!! 今までのジブリ作品の興行収入順位で8位(20作品中)! 興行収入:64.6億円!! 動員数:550万人!
公開は「猫の恩返し/ギブリーズ episode2」と2作品同時上映でした。

本当はジブリ美術館で放映される予定の短編映画が、出来が良いので普通映画として公開されるようになったそうです!

これは面白いはずですよね!!

今回は、「猫の恩返し」に出てくる意外と知られれていない、バロンの本名・そしてバロンな種類について調査していきます!

スポンサーリンク

バロンの本名は?英語のスペルは?

猫の恩返しに出てくるバロンの本名は「フンベルト・フォン・ジッキンゲン」男爵

英語のスペルは「Humbert Von Gikkingen」となります。

因みに!!

ムタはルナルド・ムーンがフルネームです!!
英語のスペルは「Renaldo Moon」となります!

素敵な名前をそれぞれ持っていますね!!
それぞれの猫がもし話すことができたらみんな、このような長い素敵な名前をもっているのでしょうか?

そう考えると素敵ですよね~
町中の猫を見る目も変わってきます!

猫の恩返し バロンの名前の由来は?

なぜ、バロンと呼ばれているかというと、男爵とつくからです!

物語の中でもハルが、バロンの自己紹介を聞いた後に、

「なるほどだからバロンか」

といっています。

一瞬で「男爵=バロン」

とわかったハルってなかなかすごくないですか?

ちょっと関心してしまいます!!

猫の恩返しのバロンの種類は?


バロンはシュッとした、洗練された外見です。
モデルとなった猫、種類はあるのでしょうか?

調べてみたところ、はっきりとはスタジオジブリは明言をしていませんが、個人的に似ているのではないかなと思うのが、

アビシニアンという猫種です。

ペットショップで見かけたことがあります。

アビシニアンを見たときバロンを思い出しました!

細身の体、顔も似ている気がします!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

  • バロンのフルネームは「フンベルト・フォン・ジッキンゲン男爵」
  • バロンの名前の由来は男爵からきている
  • バロンのモデルとなっている猫種は「アビシニアン」の可能性がある

ここまでお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もお勧めです!





スポンサーリンク


-ジブリ

error: Content is protected !!

Copyright© はりきりマルコの〇〇な話 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.