アイドル

【欅坂46卒業の真相は?】今泉佑唯をいじめていたA子E子(5人)は誰?

スポンサーリンク




元欅坂46の今泉佑唯さんの卒業理由が、陰湿なイジメを
平手さんを崇拝する“取り巻きメンバー”の5人A子〜E子から受けていたという
衝撃の報道が文春よりありました。

この報道で、一番気になるのが
A子〜E子って誰なのでしょうか?

今回文春さんの記事の信ぴょう性を疑う声もありますが、
20人を超える女子ばかりの集団でいじめが
ないという事も言い切れないですよね。

今回はネットで上がっている
今泉佑唯をいじめていたA子E子(5人)は誰なのか調査していきたいと思います。

「ワンオク・乃木坂・欅坂」専属美容師が監修したシャンプーがこちら!
髪の毛だけでも欅坂ちかずけるかも!



h2>今泉佑唯をいじめていたA子E子(5人)は誰?

 

ネットではA子E子の5人が誰なのか推測の声が上がっています。

 

もちろん推測になるます。

いじめたいた理由の推測もSNSで呟かれていました。

今泉佑唯をいじめが本当なら
いじめた人は
渡邉、小林、守屋、上村、土生
の5人だと思います

理由は

渡邉「なんとなく」

小林「実は仲が悪かったから」

守屋「私より人気があったから」

上村「私より1cm高かったから」

土生「身長チビなのにデカパイだから」

という理由だと思いました。

— けーチャウシー🐈 (@Keiichi1006) 2019年4月13日

これもネット上の一意見。という感じですよね。

本当の所はどうなのでしょうか。。

 

まだ欅坂46からの公式なコメントは発表されていないので
真実はわかりませんが、
NGT48の山口真帆さんの件も解明されていないので、
今回もうやむやになるのかな。。という気もしますね。

いじめに関しては、
火のないところに煙は立たないというますし
何かあったのかな?と個人的には感じています。

学校や会社など、
団体に属すると気の合わない人は必ずいるものです。

そこでいじめにならないようにどのように
対処をしていくのか難しいですよね。

もし、今泉佑唯さんが本当にいじめにあい
夢だったアイドルをやめたのであれば本当に辛いことです。

女優として活動をスタートされていますので、
今後のご活躍を心から応援したいですね。

スポンサーリンク




元欅坂46の今泉佑唯さんはいついじめにあっていた?時系列にしてみた

 


 

2015年 欅坂46の1期生オーディションに合格

2017年4月 体調不良により活動を一時休止
2017年8月 復帰(4ヶ月休養)いじめ開始

2018年月 欅坂46卒業(卒業までいじめが続く

これが今回報道されているいじめの期間です。
報道が真実なら、
体調不良から復帰してから卒業までの1年半続くという壮絶ですよね。

いじめの内容はこちらです。

体調不良で一時休止中、A子からは「戻ってこなくていいよ」と連絡
B子には「平手が築き上げた欅をお前が壊している」と罵倒。
「●ね」などの暴言
化粧品や靴下が片方だけ隠される
1人だけエレベータに乗せてもらえない
楽屋にカギをかけられて入れない

報道では活動復帰後からいじめがあったとありますが、
体調不良で一時休止中、A子からは「戻ってこなくていいよ」と連絡があったともあります。

これはすでにいじめなのでは。。。と感じますね。
10代という多感な年頃に、
可愛いと言われてきた女の子が集まり、
上を目指して活動する。

競争心、闘争心が凄いありそうですよね。
だからと言って、いじめは絶対に許されません。

絆が強いと言われていた欅坂46だけにショックですね。

今泉佑唯さんはいじめで病気になった?

2017年に活動休止の際に、今泉佑唯さんが発信したメッセージです。

「数ヶ月前から体調が優れないことがあり、スタッフさんに相談しながら、お仕事をしてまいりましたがなかなか良くならず 心身のバランスがうまくとれない日が続いてました」と打ち明け「このままの状態でお仕事を続けるのは難しく、お医者さまからも少しお休みをするようにと診断をいただき、お休みさせていただくという決断に至りました」

ドクターストップとはかなり辛い状況になるまで頑張ったのでしょう。
このときかは不明ですが、
今回の報道では

  • 心労から耳が聞こえなくなり病院で「心因性難聴」とも診断された
  • 自殺を考えることもあった

とあります。
かなり無理をされた時があったのでしょう。

復帰後には、
活動休止前よりだいぶ痩せたと話題にもなりました。

夢を叶えるために、やはり健康、身体はとても大切ですよね。
今後はそこまで辛い状況にならないことを祈ります。

 

今泉佑唯さんの情報がまたわかり次第追記します。

ここまでお読みいただきありがとうございました。