未分類

栗原勇一郎(くりはらゆういちろう)は継父?!犯行動機や顔画像を調査!【千葉少女虐待】

とても悲しい事件が怒りました。

千葉県野田市山崎で父親が小学校4年生の長女に暴行を加え、死亡させたというものです。

子供への虐待。本来なら、絶対に守らなければいけない存在です。

親から虐待を受けた子の、精神的苦痛、肉体的苦痛はどのくらいなのでしょうか。。

また、母親に関しては、特に報道されていませんがどのような気持ちなのか。。。

この許せない犯行を行った、栗原勇一郎(くりはらゆういちろう)容疑者の顔画像、動機についても見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

栗原勇一郎(くりはらゆういちろう)の顔画像は?継父の可能性は?

栗原勇一郎(くりはらゆういちろう)容疑者の顔画像を調査しましたが、今のところ、報道がまだされていないようです。

わかり次第、追記していきます。

栗原勇一郎容疑者の顔画像がこちら!

栗原勇一郎(くりはらゆういちろう)の家族構成

栗原勇一郎容疑者の家族構成は以下のようです。

妻(31)
心愛さん(10)
妹(1)
そして、栗原勇一郎容疑者の4人家族。

暴行を行ったが、、24日(木曜日)の午前10時ごろ~午後11時20分。
心愛さんは学校を休まされ暴行を受けたことになります。
帽子を受けたとされる時間、約13時間。。。。

尋常ではありません。

母親も虐待を受けていた?

母親は何をしていたのか??

  • と思いますが、栗原勇一郎容疑者が日常的に虐待を家族全員に加えており、怖くて反抗できなかった可能性。
  • ul>

  • 考えたくはないですが、栗原勇一郎容疑者と共犯で、長女に虐待していた可能性が考えられるのではないでしょうか?
  • 13時間、愛する子供が虐待をうけていたなんて本当に耐えられません。。。

    妹をつれてどこかに逃げるなどできなかったのか・・・と本当に悔やまれます。

    しかし、栗原勇一郎容疑者が家族全員に虐待をしていたのであれば怖くて、怖くて逃げるということもできなかったのかもしれません。。。。

    スポンサーリンク




    栗原勇一郎(くりはらゆういちろう)の犯行動機は?

    まだ、栗原勇一郎容疑者の犯行動機がわかっていません。

    ネットでも憶測がとんでいますが、継父の可能性があるのでは??

    なぜなら、妹とかなり年が離れているので、長女は妻の連れ子だったのでは??

    というのが理由です。

    しかし、報道では父とされています。

    義父であればすぐにわかるのではないかな??

    という感じですよね。

    ということで、長女は栗原勇一郎容疑者の実の娘だったのかな??
    と思います。

    実の娘を殺すまで虐待を行うなんて、信じられません。

    栗原勇一郎容疑者は、自称会社員ということなので、無職である可能性もありますよね。

    41歳という働き盛りです。

    仕事のことでうまくいかず、弱い存在である娘に手を上げたのでしょうか??

    心愛さんの体からは昔の痣のような跡があり日常的な虐待を疑われています。

    なぜ、守らなければいけない自分の家族、子供にそのようね悲しいことをしてしまうのか。。。。

    このような事件が二度と起こらないでほしい。。。そのためには何を改善すればいいのか。。。

    考えていかないといけないですね。。。

    栗原勇一郎(くりはらゆういちろう)の長女虐待事件内容

    千葉県野田市山崎のマンションから24日午後11時すぎ、「娘と風呂場でもみ合いになった」と110番通報があった。

     救急隊員らが、浴室で倒れていた小学4年の栗原心愛(みあ)さん(10)を発見し、死亡を確認した。県警は25日、心愛さんに暴行を加えたとして、父親で自称会社員の栗原勇一郎容疑者(41)を傷害容疑で逮捕し、発表した。

     県警は、心愛さんの遺体を司法解剖して死因を特定し、暴行との関連を調べる方針。

     県警によると、栗原容疑者は24日午前10時ごろ~午後11時20分ごろの間、自宅で心愛さんの髪の毛を引っ張り、服のまま冷水をかけ、首付近を両手でわしづかみにするなどの暴行を加え、首付近に擦過傷を負わせた疑いがある。心愛さんに致命傷となる外傷はなかったが、体には古いあざのようなものが複数あったといい、県警は過去に虐待を受けていた可能性もあるとみて調べている。

     捜査関係者によると、栗原容疑者は心愛さんの行動に腹を立て、暴行した疑いがあるという。

     栗原容疑者は妻(31)、心愛さん、その妹(1)との4人暮らし。当日、心愛さんは学校を休み、家には4人ともいたという。

    追記1/26 

    栗原勇一郎容疑者は1月7日に始業式の日に学校へ、心愛ちゃんは「妻と実家に戻っているので休ませる」と連絡していたということがわかりました。

    さらに、県柏児童相談所が2017年ごろに心愛ちゃんを一時保護したこともあったということもわかりました。

    栗原勇一郎容疑者が、学校へ連絡。

    嘘の連絡をしていたのは、虐待をしており、その痕を見られることをおそれらからでしょうか?または、虐待を続けるためでしょうか??

    本当に、恐怖しか感じません。。。心愛ちゃんのためにも真相が早く判明することを祈ります。

    追記2

    栗原勇一郎容疑者は生活態度を巡って口論となり、殺害したというような供述をしているようです。

    しかし、死亡させるまでもめるのは明らかにおかしいですよね??本当に生活態度をめぐってだったのでしょうか??

    栗原勇一郎容疑者にとって、ただたんに気に入らないだけだったのではないかと推測されます。。

    心愛ちゃんは学校のアンケートで、父親からたたかれるということを書いていたようです。

    学校側もどこまで介入してよいものかと、考え他かと思います。。1/7から学校を休むようになったのであれば警察や、しかるべき機関へ連絡してもよかったのではないかな?とも思います。。。

    家庭での虐待問題、、本当に対処が難しいですが、なんとか子供たちを救う世の中になってほしいと願うばかりです。。

    追記3 1/27

    栗原勇一郎容疑者の日常的な虐待が明らかになってきました。

    報道によると、「うるさいんだよ。お前は」「死ね」「殺してやる」という、栗原勇一郎容疑者の声と思われる叫び声が最近、近隣に聞こえていたそうです。

    これも、心愛ちゃんに向けていっていたかとおもうと、怒りを覚えます。

    父親から、死ね、殺してるといわれる子供の心はどれほど怖いでしょうか。。

    考えただけで恐ろしいです。

    弱いものを標的にし、自分のストレスを発散していたのではないかとしか思えないです。。。。

    そして、1年前から夕方になると、「黙れ」「静かにしろ」という怒鳴り声。
    これも栗原勇一郎容疑者の声だと思われます。

    「お母さん、怖いよ」と泣き叫ぶ女の子の声。

    お母さんも逆らえなかったのでしょうか・・・栗原勇一郎容疑者に。

    娘さん二人を連れて逃げてほしかった。。。ですが、きっと怖くて逃げれなかったのでしょう。。

    心愛ちゃんを守れなかったお母さんの気持ちもどれほどのものでしょうか??

    ただただ悲しく辛い事件、、、、

    このような事件が二度と、本当に二度と起こってほしくないと報道のたびに思わずにはいられません。

    追記4  1/29

    1月29日に新たに分かったのは、栗原容疑者が事件当日、心愛さんに対し、「スクワットをさせた」「廊下に立たせていた」ということです。

    徐々に明らかになってきていますが、これだけで、死亡するなんてことはありあせんよね。

    親は何をしても許されるわけではありません、、、、

    心愛ちゃんが受けた苦しみが徐々にわかっていきますが、心愛ちゃんのことを思うと本当にせつなくなります。

    栗原勇一郎容疑者が廊下に立たせたという詳細がわかりました。

    「その日は午前10時から休ませずに立たせた」

    というのです。

    尋常ではないです。ただただ、嫌がらせ、虐待です。

    どれほど苦しかったが、その後浴室へ連れて行かれ死亡させられてしまう。

    どうしたら救うことができたのか、、本当に悔やまれる事件です。

    追記5 1/31

    心愛ちゃんの事件でら、またしても最悪な出来事が判明しました。

    野田市教育委員会が、
    心愛ちゃんの勇気を絞ったSOSであったろう
    いじめのアンケート用紙(父親からいじめを受けている)
    を、信じられないことに、
    栗原勇一郎容疑者に渡していたのです。

    乗り込んできた、
    栗原勇一郎容疑者が
    激怒しており手がつけられなかったしれません。

    しかし、絶対だめでしょ?
    渡したら!と、一般人でも思います。
    叫ぶなど、恐喝的な行為であれば、
    その場にいた誰かが警察へ電話するなどの対処を取るべきだったのではと、悔やみきれません。

    そんな暴力的な栗原勇一郎容疑者に、
    アンケートを渡したら、
    心愛ちゃんがどのような目に合うかわかりそうなもの。

    職員の方も怖かったでしょうが、
    しっかりとした対応をとるのが仕事なのではないでしょうか。

    千葉県野田市教育委員

    会によると、女児が一時保護されたことに対し父親から抗議があり、アンケートの内容を口頭で伝えた上でコピーを手渡した。市教委は「父の怒りを抑えるためだったが、配慮を著しく欠いていた。申し訳ない」と話した。

    追記6 2/4  栗原なぎさ(母親)逮捕

    心愛ちゃんの事件で悲しい展開です。

    なんと、
    母親である栗原なぎささんも逮捕されました。

    なぎさ容疑者は、
    栗原勇一郎容疑者と暴行を共謀した疑いとのこと。

    どういうことかというと、
    心愛ちゃんの暴行されているのを知りながら、
    黙認していたのでは。。
    との疑いがあり、
    その後の捜査で逮捕されることとなりました。

    黙認したというより、
    栗原勇一郎容疑者が怖くて何をできなかったのかなと思います。

    夜中に心愛ちゃんが、
    栗原勇一郎容疑者に起こされ、
    立たされてたのを止めたというような内容も報道されています。

    しかし、
    心愛ちゃんを虐待からは守れなかった。。

    守らなければいけなかった。
    心愛ちゃんがいなくなって、
    あの時と後悔しても本当に遅いのです。

    心愛ちゃんの状況を思うと本当に、
    苦しいです。

    ここまでお読みいただきありがとうございました。