映画

メアリと魔女の花 最後で箒(ほうき)が飛べたのはなぜか考えてみた!

投稿日:

「メアリと魔女の花」ジブリから独立した米林 宏昌監督の映画として昨年とても話題になりました!!

米林監督は、ジブリでは「思い出のマーニー」「借りぐらしアリエッティ」でも監督として作品にかかわってきました。

そんな米林監督が設立した「スタジオポノック」の初作品です!!

やはり絵がスタジオジブリに通ずるものがありますよね!!!

この絵を見るだけでワクワクしてきます!!

8月31日に金曜ロードショーで初地上波放送!!!

楽しみにされている方、始めてみる方も大勢いるかと思います。

テンションが上がる週末になりそうですね!!

そこで今回は、「メアリと魔女の花」のラストのシーン、メアリがピーターを助けに行った時、メアリの魔女の力はすでに切れていたはず…
なのにラストシーンで箒が飛べたのは何故なのか。。。

気になるます!!!
ということで今回は、この件について考察していきたいと思います!!

スポンサーリンク

メアリと魔女の花で最後、箒がなぜ動いたのか


メアリの箒が動いたり飛んだりしていたのは、メアリが魔女の力を箒に与えてたからのはず、、、

しかしピーターを助けに行った時、メアリの魔女の力はすでなくなっていたと考えられます。
なぜならば、物語のラストでは、全ての魔法が消える魔法を行使したあとなのです。
ですので、ピーターとメアリに魔法の力が残っているのはおかしいのではないでしょうか??

しかし箒が飛んだ。。。なぜなのか。。。

以下の説が考えらると考察しました!!

スポンサーリンク

箒(ほうき)の魔力 の説

箒が少し休むことによって魔力が若干ですが戻った

という考え方もできるかなと思います。
家に帰ることができるギリギリの魔力が戻り、メアリたちが家に帰ることができたのです。

フラナガンさんが自分の魔力を箒に分け与えていた の説

もう一つ考えられるのはのフラナガンさんの力!!

箒小屋の管理人のフラナガンさんは箒にかなりの愛情も持っています。
放置された箒に自分の魔力を与え、元の場所、自分が置かれるべき場所へ戻るだけの魔力を分け与えたいたのかもしれません。

動物達を変身魔法から救って逃げて、門の注意書きのところに立てかけられたままになっていた箒をわざわざ持ち主のところに届けていました。
自分たちに不都合なこととして感じていた校長のマダムやドクターに「相変わらずだ」と言われていました。

柄が折れてしまっている箒を包帯で手当てしているフラナガンさんは、
箒に対するの愛情が溢れていましたね~!!

もしフラナガンさんが箒に魔力を与えたのだとすると、その行為はただメアリの箒、もとはメアリの大叔母シャーロットの箒を可愛そうだと思っていたからなのかもしれません。

かつては魔法学校で箒の乗り方を教えていた立派な教師だったフラナガンさん。箒小屋の管理人になっているのは教師を辞めたらから。辞めさせるような状況になったのかもしれません。
魔法学校の教えから、教育方針でマダムやドクターと衝突した可能性もありますよね。

メアリが箒に連れられて学校にやってきたのは単なる偶然なのでしょうか。。

マダムとドクターが支配する魔法学校の現状をひっくり返すような出来事を予感はしたかもしれませんね。

そしてメアリがおこした出来事でフラナガンさんはちょっとすっとした気持ちになったかもしれませんね。

だからこそ、メアリとピーターを家に帰す少しくらいの魔力を箒に与えた可能性があるのではないでしょうか!?

まとめ

物語の最後、箒が飛べたのは、、、

  • 箒が休息をしたので少しの魔力が戻った
  • フラナガンさんが箒に少し魔力を与えた

という可能性あるのではないでしょうか??

ここまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


-映画

error: Content is protected !!

Copyright© はりきりマルコの〇〇な話 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.