お役立ち

中秋の名月2018【長野】見えるのは何時何分?方角も調査!

投稿日:

朝晩がめっきり涼しく、寒くなってきましたね~

台風が来るたびにどんどん涼しくなっていっている気がします。

このまま冬に一気になるのでしょうか??

もう少し秋を楽しみたい!!

というわけで!!

今回は2018年長野での中秋の名月の見える方角、何時何分に見えるのかなど調べていきたいと思います!!

スポンサーリンク

中秋の名月2018年はいつ?

中秋の名月の日にちは

9月24日(月)

しかも!この日は振替休日でお休みですね!!

ゆっくりお月見の準備ができそうです!

ところで、中秋の名月はなんとなく満月なのかな?と思っているかもいるのではないでしょうか?

個人的はお月見といば満月にお団子というイメージでした。

しかし、満月とは限らないのです。

今年は、中秋の名月の翌日、9月25日が満月です。

一日しか変わらないので、中秋の名月も満月気分が味わえそうですね~

あとはお天気になってくれることを祈るのみです!!!

スポンサーリンク

中秋の名月2018が長野で見えるのは何時何分?

お月様は昼間でもうっすらですが、空に見ることができますよね?

ですので暗くなればみれますが、太陽が沈んだ後からがやはり、

お月様の時間というイメージです。

9月24日の長野の日没の時間は、17:45

だいたいこの時間からお月様がはっきりと見えてくるのではないでしょうか??

夕方からなら、お子さんと一緒に中秋の名月を楽しむことができそうですね。

中秋の名月2018が見える方角は?


中秋の名月が見える方角はどこになるのでしょうか?

普段、お月様を見るときに方角を気にしたことはあまりないですよね。。。

空をみて探せばお月様があるという感覚でした。

中秋の名月を機に、お月様も方角で考えるのも良いかもしれませんね!!

さて今年の中秋の名月が見える方角ですが

南東

長野でお月様が最も高い位置に来るのは、夜中の11:39分頃の予定です!!

この時間に空を見上げたら、より綺麗な月を楽しめるのではないでしょうか!!

お勧めです!!

真っ暗な中に、浮かぶキレイな月!!

まだまだ暑いでしょうから、ビールを飲みながらというのも楽しそうです。

中秋の名月にお団子を食べるのはなぜ?

中秋の名月といえば、お団子!

というイメージですよね。

でも何故お団子を食べるようになったのでしょうか?

それは以下のような理由があるのでは?とされています。

芋名月と呼ばれるほどお芋の収穫の時期と重なるため、お月見のお供え物は「里芋やさつまいも」などをお供えするものでした。

そして、お月見の時期はちょうどこれから

お米の収穫の時期
これと重なり合う時期でもありました。

ですので、

お米で作った月見団子を供えることで、これからの収穫を祈る。

といった意味がありました。

また月見団子の形が「満月」をイメージしており、健康や幸せも祈りとして込められていたと言われています。

とのことです!

昔は自給自足、農作物の収穫は本当に大切なものだったのでしょうね。

お月様はどこか神々しい感じがするので祈りたくなるのでしょうか!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

中秋の名月2018年

  • 9月24日(月)
  • 日没は17:45
  • 南東  月が真上に来るのは夜中の11:39ころ

これで今年のお月見はばっちりですね!!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


-お役立ち

error: Content is protected !!

Copyright© はりきりマルコの〇〇な話 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.