ジブリ

ポニョはなぜハム好きなのか?理由を調査!

 

「崖上のポニョ」はCGは使わず手書きで
作成された作品です!

多くの作品がCG、デジタルとなる中、
宮崎駿監督の強いこだわりを感じますよね。

個人的にも、なんどもみたくなるお気にい入りの作品です。

そんな「崖の上のポニョ」ですが
ポニョがなぜハムが好きなのか?

疑問に思っていた一つです。

魚?であるポニョがハムを好きな理由はきっと、
宮崎駿監督の強いこだわりなのではないか!?
と思い、気になったので調査、考察していきたいと思います。

 

崖の上のポニョと宗介のその後は?結婚はあり得るか?考察してみた!崖の上のポニョ! とても可愛い作品というイメージがあります。 しかし、幼いながらポニョは宗介が大好きで、 宗介はポニョの気持ち...

ポニョがハム好きの理由は何?

ポニョは歌にもあるように、魚の子です。

 

なぜハムが好きなのか??

宗介がサンドイッチをあげようとした時も、
パンには目もくれずに
ハムに大胆にかぶりついていましたね!
かなりびっくりしました笑

ポニョがハムを好きな理由は以下でないかと
考察してみました。

 

ポニョは魚→海水の中にいる→ハムの塩分が好き

 

ハムは豚肉を塩漬けし香辛料などを加え謹製していますよね。

だからハムはしょっぱいですよね?

そしてポニョはもともと海の中で生活していますよね。
海水はしょっぱい!

ということで、海水を思いだす?ハムが好きなのではないでしょうか?

ハムはもちろん好きですが、
ラーメンも食べていますよね!
塩分があるから好き?

考察してみました!

 




宗介の血を舐めたことで、動物性のものが好き?

ポニョの母親は、グランマンマーレ
海の母、命を司るという意味があるようです。

 

そんな母と、元人間のフジモトを両親にもつポニョ。
ポニョの兄弟?姉妹もフジモトによって生み出されています。

普通の魚?とは言いがたいですが、
フジモトはポニョがハムが好きということにかなり驚いていましたね。

やはり、宗介の血を舐めたことでポニョは
特異体質になったのでしょうか?

半魚人になった
ハムが好きになった

上記のことは
宗介の血関係しているのではないかと考察します。

 

 

 

ハム(ham)がアマチュア無線家の通称だから好き?

ハムという言葉を調べるとおもしろいことがわかりました。

 

ハム(ham)という言葉には、
アマチュア無線家の通称という意味もあるようです。

音声やモールス符号による私設の短波無線局を
解説できる有資格者

ということです。

これは、宗介の家族のこと!?
という感じですよね?

宗介の父親である耕一(コウイチ)が内航貨物船の船長であり
家を開けることが多く、
宗介とりさがモールス符号によってやりとりをしていますよね。

暗闇の中、耕一の船へ向けて、
宗介とリサがライトでモールス符号を耕一へ送るシーンがありました。

宗介は天才だなと感じましたよね。
また、リサは感情を素直にだす女性でした。
宗介がそんなリサを受け止め素敵な親子関係だなと感じましたね。

また私設の短波無線局を使っているシーンもあります!

ということは、
宗介を含む、宗介一家はham(アマチュア無線家)になるという
ことなのでしょう!

そして、ポニョはハムが好き

うーん、
ハム(=ニム製品、宗介、宗介一家)が好き

という意味を含んでいるのかな?
と楽しくなりますね!

 

リサもハムが好き!

物語の中で、
宗介が「ポニョはハムが好きなんだよ」
とリサに伝えるシーンがあります。

 

その時のりさの返答は
「あたしみたいね」
ということでした。

純粋に、ハムが好きという意味もあるのでしょうが、
耕一(アマチュア無線家?)が好きと言っているようにも
思えますよね。

リサは感情を隠すことなく、
出していく性格のようなので、あながちなくもないのかな?
と思います。

今後、
宗介とポニョが家族になる!
という関係になっても、リサはさっぱりとしていて
素敵なお姑さんになりそうですね!

グランマンマーレにも臆することなく、
堂々と渡り合っていたリサ。

素敵な女性、母親ですね!

ここまでお読みいただきありがとうございました。