未分類

野菜高騰(2018夏)はいつまで続く?対策まとめ!

2018年の夏は猛暑ですね。
連日、熱中症の注意がテレビから流れています。
また、埼玉県熊谷市では41度を超え、危険な暑さと伝えられました。

人間もたまったものではありませが、自然の恩恵である野菜も暑さの被害がでています。
キャベツやほうれん草など例年より50円から100円高いという驚愕の事実。
この野菜高騰は一体いつまで続くのか。
また、対策はどうすれば良いのか。
調べていきたいと思います。

野菜の高騰はいつまで続く?

野菜の高騰の原因ら、7月初旬の豪雨と、7月中旬以降からの猛暑にあると報道されています。

長野などで有名な高原野菜は標高の高い長野など涼しい場所で育た事が特徴です。
しかしこの猛暑で、例年より気温が高いです。

そういった理由から、キャベツなど葉物野菜の高騰しています。

気温が少し落ち着かなければ野菜の高騰は治らないと考えられます。

しかし、夏はまだ始まったばかりの7月。
暑さが落ち着くのはまだまだ先になりそうですね。
残暑も厳しそうですから、9月くらいまでは野菜の高騰は続きそうです。

野菜高騰の対策

暑い中、色々と買い出しに行くのも大変ですよね。
そして、何よりも少しでも安く、安全で新鮮な旬の野菜を食べたい!

これを実現するには、
生協(今回はパルシステム)の野菜セットや、らでぃっしゅぼーやの野菜セットがお勧めです!!
旬の野菜を選んでくれること、価格が一定ということ、また新鮮なものを送ってくれます!!
是非一度お試しください!!!





ツイッターの野菜高騰を感じるコメント

やはり野菜が高いと感じている方が多いようです。
高いですが買わないわけにはいかない。。。
ネットなどで情報収集をしてうまく野菜を取り入れていきましょう!!

まとめ

  • 大雨の影響で野菜高騰
  • 猛暑の影響で野菜高騰
  • 9月までは高騰の予感
  • 宅配野菜システムを上手に使いましょう

より楽しく元気に夏を過ごすためには栄養摂取がとても大切です。
旬の野菜、食材を賢く日々の食卓に登場させたいですね!!
是非パルシステム、らでぃっしゅぼーやなどの宅配サービスも活用してみてください!!!

ここまでお読みいただきありがとうございました。