芸能人

吉澤ひとみ保釈時のがんばれの意味は?叫んでいた女性が気になる!

投稿日:

9月26日に吉澤ひとみさんが保釈されたました。

かなりの数の報道陣、そして吉澤ひとみさんの保釈の瞬間のために警視庁原宿署にきていましたね。

元モーニング娘。のひき逃げ飲酒運転事故ということで、かなり注目されてます。

保釈され、車で去っていくとき、響き渡っていた「がんばれ、がんばれ、がんばれ」という女性の声。

ニュースなどでも、ファンの声なのかと、いっていました。

しかし、、かなりひどい事故をおこし、被害者のかたがいるこの状況で、「がんばれ」

何をがんばれということなのでしょうか。。。。

ネットでも、困惑の声が上がっています。

報道内容と共に、女性のがんばれの意味について見ていこうと思います。

スポンサーリンク

吉澤ひとみさん保釈報道

6日に都内で酒気帯び運転をしてひき逃げし、2人に軽傷を負わせたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で逮捕、起訴されていた「モーニング娘。」の元メンバーでタレントの吉澤ひとみ被告(33)が27日、保釈保証金300万円を納付し、勾留されていた警視庁原宿署から保釈された。

 午後5時半ごろ、原宿署の職員通用口から姿を現すと、無数のカメラのフラッシュがたかれた。吉澤被告の頬はげっそりとこけ、ワイシャツ風のシンプルな白いシャツからは痩せた体のラインが浮き出ていた。

 逮捕当日の6日、警視庁中野署から移送された際は、すっぴんだったが、この日は、ファンデーションと眉毛を描き、薄い色のリップを塗っただけのすっぴんに近いメークだった。左手薬指に結婚指輪はなかった。

 報道陣に向かって歩き、7秒ほど頭を下げた。「申し訳ありませんでした」などと謝罪の言葉を口にした。目にはうっすら涙が浮かんでいた。その後、吉澤被告は用意された黒いバンに乗り込み、同署を後にした。

 原宿署の前にはテレビ、新聞などのマスコミに交じり、ファンややじ馬も殺到。吉澤被告が姿を見せると、ファンらしき30代女性の「頑張れ~!頑張れ~!頑張れ~!」と絶叫する声が響いた。

 原宿署前の明治通り沿いの歩道橋にもやじ馬が集まり、釈放の瞬間をスマホ片手に撮影する光景がみられた。

30代女性の絶叫、、、、

相当のファンなのでしょうか。

頑張れという言葉を言うために保釈の場にきたのでしょうか。。。

スポンサーリンク

頑張れの意味とは??

頑張れと叫んでいた女性は、30歳のファンの方という情報しかありません。

ツイッターではこのような書き込みがありました。

自分の人生を託しているのであのような状況でも応援を得ずにはいられなかったということでしょうか?

しかしネット上では、この頑張れとはいったいどういう事なのか、場にそぐわない言葉ではないのかと言われています。

このファンの方は、純粋に、これからがんばって!罪を償い頑張って生きて! 頑張って芸能界へ復帰してといことなのでしょうか??

しかし、多くの方が感じているのが、この場で言うことではないのではにかということです。

被害者もいる、今回の事件。

沢山のうその証言などもして話題になりました。

一歩間違えれば被害者は亡くなっていたかもしれないという状況で、その加害者に何を応援するのか?

頑張れと言った方の心境が理解できないという状況です。

今回のがんばれという声に対してのツイッターでの反応をご紹介します。

ツイッターの反応

疑問と怒りのツイッターがほとんどでした。

しかし、頑張れの声に泣いたという方もいたので、ファンとして何か思うがあるようです。

今後吉澤ひとみさんがどのような道に進まれるのか。

犯した罪を償い、同じような過ちを犯さないことを祈ります。

まだまだ小さいお子さんがいるので、これ以上お母さんと離れ離れになる悲しい状況がないことを祈るばかりです。。。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク


-芸能人

error: Content is protected !!

Copyright© はりきりマルコの〇〇な話 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.