芸能人

芦田愛菜が祝辞で着用した着物が素敵!値段・ブランドは?

2019年11月9日に行われた『天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典』にて芦田愛菜さんが祝辞を述べました。

その内容があまりにも素晴らしい!

しかし芦田愛菜さんは15歳という中学生・・・

素敵な着物姿にも多くの方がネットで賛辞を述べています!

やはりこのような場では着物だよね〜

と感じる方が多かったようす。

今回は素敵すぎた芦田愛菜さんの着物の値段・ブランドについてみていきましょう!

芦田愛菜さんが着用していた着物のブランドは?

こちらが芦田愛菜さんが着用された着物です。

素敵な振袖ですよね。

とてもよく似合っています。

素敵な着物を着て、素晴らしい祝辞を述べられた

芦田愛菜さん。

これから大女優さんになっていくのだろな・・

と思わせる雰囲気でしたよね。

気になる着物のブランドですが残念ながら特定することはできませんでした。

しかし!

このような公の場で着用した着物ということで、

かなり名のある着物なのではないでしょうか?

芦田愛菜さんの雰囲気にあっており本当に素敵でした。




芦田愛菜さんの着物の値段は?

気になるのが!

芦田愛菜さんが着用していた着物の値段!

芦田愛菜さんの着物のブランドが特定できていないので

はっきりとした値段は不明ですが相当高いだろうなということが予想できます。

相場は販売場所、ネットなのか、デパートなのか専門呉服店なのかで違ってくるようです。

高い着物、上顧客が集まる販売会では

1000万、2000万という着物もあるようです。

通常だと20万から500万くらいの間の商品がデパーとには置いてあるようです。

ということは

芦田愛菜さんの着物は数百万〜数千万の間なのだろうな・・

と予想されます!

残念ながら素人には着物を見ただけでは幾らくらいの
ものなのか判別できません。。。

『天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典』で着用された着物ということできっと高いはず!という判断になりますよね笑

数百万から数千万の着物を着こなす芦田愛菜さん!

芦田愛菜さんの魅力が増して本当に素敵です!

芦田愛菜さんが祝辞に選ばれた理由は何?

芦田愛菜さんが祝辞に選ばれた理由が気になりますよね?

芸能界を代表してなぜ芦田愛菜さんなのか??

はっきりとした理由はわかりませんが、

新しう天皇・皇后が即位され令和という新年号が始まった。

これからを担う若く優秀な芸能界の人材ということで芦田愛菜さんが選ばれたのではないでしょうか??

ネット上で芦田愛菜さんの祝辞について素晴らしいとの

声が多いように思います。

みんな芦田愛菜さんの実力派認めているのではないでしょうか??




芦田愛菜さんが素敵すぎて逆に思い出すあの方。。

今回の芦田愛菜さんが着物で本当に素敵だった!!

ということから思い出されるのがあの方、

安倍明恵さんです。

2019年10月22日、天皇陛下の「即位礼正殿の儀」

安倍晋三首相の妻昭恵さんが着用された白い膝丈のワンピース。そして袖はふいくらんでいる袖コンシャスというもの。

このような場では膝が隠れるイブニングドレスや着物が

日本人には一般的なようです。

ネットでは昭恵さんは勝負服ということでこのような服装を選ばれのでは?と言われています。

今回の芦田愛菜さんとは違いかなりの酷評がネット上では
散見されました。

安倍明恵さんは個性が強く、自分の主張がしっかりしているのかな〜といった印象です。

芦田愛菜さん祝辞内容全文!(動画あり)

 

謹んで申し上げます。

天皇陛下御即位にあたり、心よりお祝いを申し上げます。

また、このような記念すべき国民祭典にお招きにあずかり、お祝いと感謝を申し述べる機会を頂き、緊張しておりますが、大変光栄に存じます。

即位礼正殿の儀での陛下のお言葉を拝聴し、日本そして世界の平和に対する陛下のお心に心を打たれました。

陛下は、松尾芭蕉の奥の細道をお読みになったことがきっかけで、水にご関心を持たれ、長きにわたってご研究をなさっているとお聞きしました。

そして水を通して、世界の様々な問題を捉え、そのことが平和につながるとのお考えをお持ちであると知るに至りました。

私も大好きな読書を通じ知識を得ること、そしてその知識を踏まえて行動に移す、そのことが大切であるのではないかと考えるようになりました。

陛下の御心を受け、どんなことでも思い立ったことは迷わず実行できるようになりたい。そう思っております。

新元号『令和』は万葉集からの出典だったということを知り、昔の日本の書物から新しい時代の元号が作られるということは、なんて素敵なことなんだろう。深く感動しております。

古くから日本に伝わる文化を大切にしつつ、新しい日本へと躍進していく。そんな時代になっていくことを、切に願っております。

最後になりますが、いつまでも両陛下がお健やかであられますようお祈り申し上げ、お祝いの言葉といたします。

令和元年11月9日 芦田愛菜

15歳とは思えない芦田愛菜さんの祝辞!

本が好きなのは有名ですよね。

本を読んだらこんな素敵な女性になれるのでしょうか!?

読書今更ながら始めようかなと思います!笑

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。