未分類

本田圭佑が発音した英語factは何と聞こえた?記者会見でハプニング!




世界で有名なサッカー選手の本田圭佑が出席した記者会見で「fact」と英語の発音で言った際に
会見が静まり返ってしまったというハプニングが起きたようです!

本田圭佑選手は「fact」と伝えたつもりが記者会見の方々には違うように聞こえてしまったようで
とても本田圭佑は焦っていたようですね!

さて、気になるのが「fact」は現地の記者会見の人からしたら何と聞こえたのか?

ここを追求していきましょう!!!

本田圭佑が発音したfactは何と聞こえたの?

本田圭佑選手が記者会見中に「fact」と発音していたときに記者会見の人からは
卑猥な言葉の「ファック」と聞こえてしまったのでしょう。

たしかに「ファクト」と「ファック」は似ているので勘違いしてしまう方もいらっしゃると思います。

英語の意味は何?

「ファクト」と「ファック」発音は確かに似ていますが英語の意味は全く違います。

ニュースサイトにもあります通り、ファックは卑猥な言葉になってしまいますね…

Fact

本田圭佑選手が伝えたかった「fact」は現実の意味です。

ファック

英語で書くのはちょっと躊躇するので日本語でお許しください。。。

ファックは沢山の意味がありますが「くそ」とかの意味でもあるので記者会見などで発言するには絶対ふさわしくない言葉です。

もちろん本田圭佑が伝えたかったのは「Fact」の方ですけどね!

本田圭佑のハプニング記者会見の内容

ハプニングがあった記者会見の内容を抜粋します。

「若い頃はこのような怪我をすることはなかった。ケビン(マスカット監督)にはジョークで、僕はもう年老いたから、体のケアには気をつけないといけないと言ったよ。良くないことだけど、それがリアル、それが現実(fact)だよ」

 本田がこう語ったところで、会見場は少しざわつきを見せた。すると本田の隣に座っていたマスカット監督は、現地記者に向けて「Fact. Fact.」と繰り返した。そこで初めて気づいた様子の本田はハッとした表情を浮かべ、「ソーリー、僕の発音が悪かったみたいだ」と慌てて釈明した。

 というのも、本田の「fact」という発音が、現地の人には卑俗的な表現の言葉に聞こえてしまったようだ。公の場には到底ふさわしくないスラングが突然使われたことで、会見場はほんの一瞬静まり返ったが、マスカット監督は「私は分かっているよ」と本田の発音のミスを即座にフォローした。

現実の「Fact」を言いたかったのがファックと聞こえてしまったらたしかにざわついてしまいますよね笑

そこですかさず監督がフォロー入れたのもさすがだなと感じますよね!2人が意思疎通できているのが感じます!

すると本田の隣に座っていたマスカット監督は、現地記者に向けて「Fact. Fact.」と繰り返した。そこで初めて気づいた様子の本田はハッとした表情を浮かべ、「ソーリー、僕の発音が悪かったみたいだ」と慌てて釈明した。

すると本田の隣に座っていたマスカット監督は、現地記者に向けて「Fact. Fact.」と繰り返した。そこで初めて気づいた様子の本田はハッとした表情を浮かべ、「ソーリー、僕の発音が悪かったみたいだ」と慌てて釈明した。

本田圭佑英語

実際本田圭佑の英語力はどうなのか?

本田圭佑選手の英語インタビューがありましたので見てみました!

実際にシアトルに留学していた私から感じるととても発音が上手に感じます!

英語ができるできない関係なしに、挑戦する姿勢は本田圭佑選手らしさも感じますし日本人がよく感じる「恥」など関係なしに
自分の口で発言できる本田圭佑選手は今後も世界で活躍するでしょうね!

最後に

本田圭佑選手は英語の発音で勘違いされてしまいましたが、日本人なので仕方ない部分だってありますよね!

これからも本田圭佑選手を応援していきましょう!