芸能人

菊池桃子再婚!経歴が凄すぎる新原浩朗との出会いは何?顔画像あり!

2019年11月4日にタレントの菊池桃子さんが再婚を発表しました!

当初、一般人と再婚と報じられましたが、

結婚相手である新原浩朗さんが経済産業省局長であることが判明!

閣僚である新原浩朗さんを一般人と言っていいのか。。

などネット上は騒然としています。

何より!

元アイドルであり、芸能活動を続けている菊池桃子さんと

経済産業省局長の新原浩朗さんの出会いは何だったのでしょうか?

調べていきたいと思います。

菊池桃子さんと(経済産業省局長)新原浩朗さんの出会いは?

菊池桃子さんと新原浩朗さんの出会いは、

2015年に行われた

一億総活躍国民会議

ではないかと言われています。

政府が主催する会議になぜ菊池桃子さんが・・・

と思ったのですが、

菊池桃子さんは民間議員に抜擢されていたのです。

少し前のことなので忘れていました・・

なぜ菊池桃子さんが選ばれたかというと、

菊池氏は元アイドルとしての知名度に加え、子育てとタレント業を両立し、労働問題にも強い思い入れがあるなど「1億総活躍」を体現する第一人者として白羽の矢が立った。

ということです。

この民間議員は話し合いで決めれられたようですね。

芸能人というとても綺麗な方が国会に現れたので
多くの議員の方がときめかれたのではないでしょうか??

まさかの出会いと個人的にはびっくりしました笑

菊池桃子さんは離婚も経験され、

息子さんと娘さんが背中を押されての再婚ということなんで

幸せになっていただきたいですね。

いつから交際していた?

交際を開始したのは2019年になってからということです。

新原浩朗さんの会見を見ていて、

菊池桃子さんの方が積極的だったのかな??

とも感じました。

新原浩朗さんを一緒に生活したいということを

菊池桃子さんは言っていたようです!

プロポーズの言葉は?

赤いバラとともに、

「結婚してください」

というストレートなプロポーズを新原浩朗さんはされたようです。

 

新原浩朗さんの華麗すぎる経歴!

菊池桃子さんの再婚相手である新原浩朗さん経歴

華麗すぎると話題になっています。

  • 1984 東京大学経済学部卒業
  • 1992 米国ミシガン大学大学院経済学博士課程留学
  • 経済産業省 情報経済課長を経て経済産業政策局長へ就任
  • 早稲田大学客員教授を兼務
  • キャッシュレス決済ポイント還元などの政策を推し進めた。現在は経済産業省商務情報政策局情報経済課長をしながら、経営セミナー講師としても活躍。

ぱっと見の印象が凄い!

エリート街道まっしぐらのかたなのかな??
と感じます。

また、新原浩朗さん現在60歳ということです。

菊池桃子さんが51歳ということなので9歳差!

新原浩朗さんが再婚なのかは情報がないため不明です。

わかり次第追記していきます。

年齢を重ねた後に結婚ということになると、

20代、30代のころの結婚とはまた違った感じで落ち着いて

幸せなのだろうなと感じます。

新原浩朗さん菊池桃子さんともに

仕事もあり自立されているのでお互いを尊重した

素敵な結婚生活が過ごせるのではないでしょうか?

これからも末長くお幸せに!

菊池桃子さんの経歴も!

名前 菊池 桃子
誕生日 1968年5月4日(51歳)
出生地 東京都品川区
学歴 日出女子学園高等学校
戸板女子短期大学卒業

2012年(平成24年)に法政大学大学院政策創造研究科で雇用問題を専攻し、修士号を取得した。

2012年戸板女子短期大学の客員教授に就任
(労働分野の講義を担当)

1983年 芸能活動スタート

1984年3月17日  映画『パンツの穴』のヒロインでスクリーンデビュー

1984年4月 『青春のいじわる』でアイドル歌手デビュー

1995年5月1日 元夫プロゴルファーの西川哲と婚約

1996年2月6日 結婚

1996年8月7日 長男出産

2001年10月18日  長女出産

2012年1月 元夫西川哲さんと離婚していたことが判明

2015年10月23日 – 「一億総活躍国民会議」の民間議員に起用

2016年7月 文部科学省 初等中等教育局 視学委員就任

調べていくと、

2人目のお子さんが障害を持たれているようで、

菊池桃子さん自身も就学や学習機会の場を探すのに苦労

したことがあり教育活動を行うようになったそうです。

この活動があったからこそ、

「一億総活躍国民会議」の民間議員

に選ばれたのではないでしょうか?

そして、再婚相手となる新原浩朗さんに出会ったのではないかと思います。

大変な思いをしつつ自分の信じる道を進んで

結婚された菊池桃子さん。

お子さんも祝福されているということなので

幸せになっていただきたいですね!

ここまでお読みいただきありがとうございました。