ドラマ

【ハケン占い師アタル】アタルと母親との関係が気になる!険悪な関係?

ハケン占い師アタルの2話!面白かったですね~

杉咲花ちゃんに癒されてしまいます。

見るたびに可愛く思えてくる方も多いのではないでしょうか??

あのサングラスもとても気になりますが!!

今回気になったのが、2話の最後に出てきたお母さんの話です。

目黒さんが、過去のアタルの占いの動画をみて、少しうつった、お母さんをみて「この人有名な人だよね??」と一言。

それに対し、アタルは「知りません」

これは絶対に母親と何かある!!と思いましたよね?

ということで、ハケン占い師アタルのアタルと母親の関係について考察していきたいと思います!

スポンサーリンク

アタルと母親の関係は??

アタルは母親に対してあまり良くない感情を持っているように感じました。

子供のころに、テレビ出演しており、占い少女として有名だったような感じですよね?

きっと、傍らには母親がいつもいたのではないでしょうか??

間宮くんが、「有名な人」といっていましたが、何で有名なのかも気になりますよね??

職業は占い師ということですが、占い師として有名なのかもまだ不明です。。。

考察になりますが、アタルが子供のころ、もちろん母親を大好きだったのでしょう。

また、絶対的な存在だったのではないでしょうか??

だから、良い悪いではなく、母親に言われるがまま占いをした。

母親は本当にアタルを可愛がったのでしょうか???

アタルのためと、超過保護になったのか。。

または、お金を稼ぐ道具的な感じで接したのか・・・

自分の子供が,なんでも見透かすことができたらちょっと怖いということを思ってしまうかもしれませんよね??

心の中を見らていたら。。アタルにとって母親の心がとてもショックだったのではないかな??

とも考えられます。

そして、気になるがアタルは

働くのはこれが生まれて初めて

ということです。

そして、一人暮らし。

21歳ということなので、働くのが初めてでも不思議ではないですが、なんとなく今までは母親の元にいたのではないかなと感じます。

そして何かがあり、母親を置いてきたということかな??

考察します!!

まだまだこの先が楽しみですよね!!!

「シンシアイベンツ」制作Dチームにはまだ5人!!アタルの正体?を知らないメンバーがいます!

これからますます面白くなりそうですよね!!見逃せません!!

スポンサーリンク




アタルの母親(キズナ)は誰?

第3話から登場シーンが増えそうな、アタルの母親。

誰が演じているのが調べてみました!!
それは、、

名前:若村麻由美 (わかむらまゆみ)
誕生日:1967年1月3日
星座:やぎ座
出身地:東京都
血液型:A

綺麗な方ですよね!!

沢山のドラマにも出演されています!!
1987年NHK連続テレビ小説「はっさい先生」のヒロイン
ドラマフジテレビ「夜桜お染」
「白い巨塔」
「科捜研の女」(2008~)
などなど。。。

どこかで目にしたかも多いのではないでしょうか??

また、プライベートな活動もとても素敵です!
2002年より富士山清掃活動を継続中とのこと!!
清掃しながら登山をされるのですよね??

日本の象徴とも言える富士山!!
とても素敵な活動ですね!

また日本舞踊の名取でもあります。
とても気品がある雰囲気はここから来ているのかもしれませんね!

ハケン占い師アタル 第二話 アタルの名言と 内容

アタルは、小さいころから色々とけいけんしてきたのか、とても良いことを言いますよね??

個人的に、よかったのは当たり前かもしれませんがこの一言です!!

「この世に役に立たないような人間はいない!」

というようなことを言っていましたよね??

確かに、、、自分が本当に嫌になることはあるけど、その先に何か絶対にあるはず。。。頑張っていきたいですね!

父親のコネでイベント会社「シンシアイベンツ」に入社し、制作Dチームに所属して3年――。お坊ちゃま社員・目黒円(間宮祥太朗)は本人のヤル気とは裏腹に失敗続き。大した仕事も任されなければ、婚活アプリでもフラれっぱなしの日々を送っていた。そんなある日、Dチームの部長・代々木匠(及川光博)が特撮ヒーロー番組『キセキ戦隊ミラクルヒーロー』の新グッズを発表するイベントのコンペに参加するよう指示してくる。多忙な同僚たちが企画書作成を次々と断る中、昔から『ミラクルヒーロー』の大ファンでもあった目黒は、ここぞとばかりに立候補。周囲に不安視されても意に介さず、企画書もひとりで作ると言って張り切りだす。そんな目黒の空回りぶりを、課長・大崎結(板谷由夏)は心配。派遣社員の的場中=アタル(杉咲花)に、必要に応じて目黒を手伝うようお願いするのだが…。
 やがて目黒は、消息不明の初代ミラクルレッド・八王子(湯江タケユキ)をイベントに引っ張り出そうと発案。Dチームのフォローのもと、奇跡を起こせると信じてますます勢いづく目黒だが、やがてどん底に突き落とされるような出来事が起き…!

このy