ジブリ

【猫の恩返し】バロンもハルが好き?ラストの台詞からその後を考察!

更新日:

「猫の恩返し」はスタジオジブリの中で唯一続きものというくくりになります。

土の話の続編かというと、「耳をすませば」です。

「猫の恩返し」の設定は耳をすませばの主人公である、「月島雫」が成長し大人になってから書いた物語という設定なのです!

そして、「耳をすませば」から引き続き登場しているのは、「バロン」「ムーン」。この二人!

「ムーン」は猫の恩返しでは、ムタさんとなって登場しています!

「ムーン」は、耳をすませばでもかなりふてぶてしい態度をでした(笑)

電車で通勤?したり、犬をからかったりしてどこか人間ぽかったですよね。

それがまさか、本当に言葉を話すようになるとは!!!

「耳をすませば」ファンとしては嬉しいサプライズでした!!

そして、「バロン」!!耳をすませばでも、雫が「バロン」と一緒に夢の中で冒険していますよね!

猫の恩返しでは、ハルのために大活躍!そして、ハルとバロンのラストの台詞!!

ハルが告白していますよね!?それに対するバロンの対応が素敵です!!

今回はこのやり取りと、2人のその後を考察していきたいと思います!

スポンサーリンク

猫の恩返し ハルの告白!

ハルの告白シーンはこのような感じでした!

ハル「バロン、あたしあなたの事が好きになっちゃったかも」

バロン「うん、ハルのその素直な所が私も好きだよ」

バロン「もしハルが本当に私達を必要としたならきっとまた猫の事務所の扉は開くだろう」

バロン「その時までしばしの別れ」

ハル「あっ」

ハル「さよなら」

ハル「ありがとうーバロン、トトさん、ムタさんもねー」

ムタ「「も」ってなんだー「も」ってー」

ハルの突然の告白にも戸惑いを見せず、すんなり受け止めたかのように見える場面ですよね?
しかし、バロンが本当にハルのことを好きかというと・・・・?
次の章で詳しく考察していきたいと思います!

そしてムタさん!!!(笑)

最後でいい感じに落ちになっていますよね!

ハルもムタのことが大好きですが、イジルことで愛情表現をしているように感じます!!
微笑ましいシーンですよね!!

バロンもハルを好き?

さて、肝心のハルとバロンの恋愛?ですが・・!!

ハルの告白からのバロンの台詞をよく見ると。。。

「うん、ハルのその素直な所が私も好きだよ」

と、ハルのことを好きというより、ハルの性格を好きと言っています!!

ということはLOVEではなくLIKEなのでしょう!!

そして、そのあとのバロンの台詞が、

「もしハルが本当に私達を必要としたならきっとまた猫の事務所の扉は開くだろう」

「その時までしばしの別れ」

これ!!

ハルからの告白を受け入れないものの、助けが必要なときは助けるというフォロー!!!

こんなこと言われたらますます好きになってしまいそうですよね!!

ですが、ハルもそこまで本気の好きではまだないように感じます。

好きになり始めて、好きという気持ちを自覚してすぐに伝えた感じです。

なので、バロンはやはりかっこよかった!!!という感じで終われそうですよね。

バロンがハルの気持ちを受け入れられなかったのには、まだ訳があるのではにでしょうか。

それは、耳をすませばでも登場した恋猫の「ルイーゼ」。

彼女の写真が事務所に飾ってあるのです!

ルイーゼとバロンは会えたかどうかはわかりません。しかし、バロンの心にはルイーゼがまだいるのでしょう!

だから、ハルからの告白を受け入れることはできなかったのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

  • ハルの告白に、素敵な返しをしているバロン
  • バロンはまだルイーゼが好き!なのでハルの告白は受け入れなかった
  • 以上がまとめです!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もお勧めです!


スポンサーリンク


-ジブリ

error: Content is protected !!

Copyright© はりきりマルコの〇〇な話 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.