映画

映画【打ち上げ花火下から見るか】ラストが意味不明?なずな・典道について考察!

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」はとても映像・音楽が素敵な作品!といういのが筆者の印象でした。

しかしラストがよくわからない・意味不明という方が多いようなのです。
物語のラストはなずなと典道が教室からいないのはなぜか?

2人はなぜ消えたのか??
理由を考察を交えながら考えていきます。

打ち上げ花火したから見るかlガラス玉(もしも玉)は何?考察!映画「打ち上げ花火下から見るか?横から見るか?」で物語のキモとなるのがナズナが海で拾ったガラス玉。 後に典道がこのガラス玉・もしも...

なずな・典道がラストで消えた理由とは?

物語のラスト、2学期が始まった学校で出席をとるシーンです。
席にいないなずなと典道。何故なのか?

その理由を考察してみました。

考察①

  • ずなは転校した
  • 典道は学校をサボりなすなとの思い出の場所にいた

なずなの転校は親の再婚で決まっていたこと。
なずなは気が進まない転校でしたね。なずなの母親は美しい人です。
2度目の再婚ということで中学生のなずなには受け入れがたい状況だったのではないでしょうか?

だから花火大会の日に典道と駆け落ちをしようとした。
きっと上手くいくとは思っていなかったのでしょう。しかし何も行動を起こさずにいられなかった。
そして典道のことも好きだったのでしょう。好きな子がいるのに転校するのはきつい・・

中学生の遠距離恋愛は大人が思っている以上に大変なのではないかな・・?
と想像します。

典道はなずなのことが好きでした。典道の願望でIFの世界?でなずなと駆け落ちを体験し、キスまで。。
筆者の感覚ですが恋愛に関しては女性の方が切り替えが早く、男性の方がひきづることが多いのかな?と感じます。
なずなは転校前にやり切った感?次へ進む前向きな気持ちになり転校したように感じます。

しかし典道の方はどうでしょうか?
なずなが今までいた学校へこれからも通う。そこになずなはいない。
駆け落ちをしてキスもしたなずなが・・
なかなか切り替えは難しい状況ですよね?だからこそ典道は新学期の1日目。
学校へ向かう途中で、なずなとの思い出の場所へいくことにした。
学校をサボることにしたのではないでしょうか?

なずなが最後に言った「今度はどんな世界で会えるかな?楽しみだね」という言葉はifの世界ではなく現実世界で2人で会えるのはいつなのか?どんな場所なのか?なずな的には前向きに発した言葉ではないのかな?と感じます。




考察②

典道となずなが死んだ?

2学期に典道となずながいない理由として2人が「死んだ」のでは?という意見もあるようです。

理由としては

  1. 灯台からなずな・典道が飛び降りた
  2. 車の中でなずなの母親が泣いていた
  3. なずな・典道が乗った電車がありえない海の中を走っていた
    (あの世へ向かっていた?)
  4. なずなのラストのセリフ「今度はどんな世界で会えるかな?楽しみだね」
    (今度の世界=来世?)

ということです。

暗い夜の海へ離れ離れになる恋人たちが入っていくとなると2人で死んでしまう・・というイメージがあります。

またはっきりと花火大会以降について書かれていないためそのようにも解釈できますよね。

みた人が感じたことを噛み砕き解釈する。映画・本などの楽しい部分の一つですよね。
ですのでこのような解釈ももちろんありですよね。

筆者的にはありがちではありますが幸せ・ハッピーエンドが好きなので(笑)
できたら考察1であって欲しいな〜と思います。

なずなは典道が好きだったのか?

なずなが花火大会へ初めに誘ったは典道ではなく祐介でした。
プールで「典道」「祐介」「なずな」の3人で勝負をしたときに買ったのが稔だったから。

しかし祐介は典道のなずなへの思いと知っていたため、なずなとの約束をすっぽかします。

そして、典道が「もしもあの勝負で買ったのが自分(典道)だったら・・と思ったときに過去に戻り「if」の世界が・・

そこでは典道の想像通りになっています。
典道が勝負に勝ちなずなが花火大会に誘った・・

なずなは祐介が買ったときにも「典道くんが勝つと思ったのに・・」と言っていますよね。

だから勝負して賭けた?しかし賭けの内容は「勝った人のゆうことを聞く」というもの。

もし本当に典道のことが好きだったら勝負に勝った祐介にも「典道となずな」で花火大会に行けるように協力してと頼むのでは?と筆者は疑問に感じました。

物語のラスト・・if・もしもの世界に連れて行ってくれるガラス玉が壊れたときになずなは典道にキスをしています。この時のなずなは典道を本当・真面目に?好きなのだろうと思います。

プールで勝負をした時はなずなは、「祐介・典道」共にそこそこ好きだけどどちら方がより好き!という気持ちがなかったと考察します。

Ifの世界で典道と駆け落ちを経験し、色々と話す中でなずなは順道に惚れた(キスをするほどに)のではないでしょうか?




まとめ

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」のラストについて考察してきました。

何故、典道・なずなが席にいないのか。人ぞれそれの解釈がもちろんありますよね。悲しいもの・ハッピーエンド。
ハッピーエンドも人によって違うかと思いますが筆者は2人に先があるといいなと感じます。

色々と想像できる映画・物語素敵ですよね!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
Maruko
気になことを楽しく綴っていくブログです! 気楽に楽しんでいってください〜
error: Content is protected !!