ジブリ

ハウルの動く城ソフィー探したよの台詞の本当の意味は?実は伏線だった!?

更新日:

ジブリの名作!!
ハウルの動く城!!
木村拓哉さんがハウルの声優として出演した事でも話題となりましたよね。

ジブリの中で一二を争う、理解が難しい作品と感じている方も多いようです!!

調べていくと、ハウルと動く城には、宮崎駿監督が伏線を忍ばせたいるようなのです!!
これは気になります!!

そこで今回はハウルの動く城の伏線と言われている、言葉、【探したよ】【未来でまってて】この言葉と、シーンについて考察をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ハウルの 探したよ の意味とは?

この言葉、どこで出てきたかというと、
物語の始まり。ハウルとかソフィーが出会うシーンです。

ソフィーが兵隊に絡まれているところに、ハウルが現れ、華麗に救出しくれますね。

その姿は、女性の扱いに慣れたイケメンです!!
颯爽と現れピンチを救う感じは王子様ですね!

そこで、ハウルが言った言葉、
やあ、ごめんごめん、探したよ

このセリフ。
ソフィーを助けるために適当な言葉を言ったように思えます。
しかし!!!!
実は違うのです。

それは、ハウルが子供の頃にソフィーとした約束があったから、出た言葉なのです!!
次で、ソフィーとハウルの約束についてみていきましょう!

ソフィーとハウルの約束 未来でまっていて!

続いて、この言葉です!

この台詞は、物語の終盤にそのシーンはあります。
ソフィーが、ハウルから貰った魔法の指輪に導かれ、時空を超えて幼少期のハウルに会いにいきます。

ハウルが燃え尽きそうな流れ星を拾います。
これがカルシファーです。
カルシファーに自分の心臓を渡し、ハウルがカルシファーの魔法を使えるようになります。
これが契約です。

この契約をしている、ハウルにソフィーが叫びます!!
ハウル、カルシファー。私はソフィー。待ってて、私きっといくから。未来でまってて!

ハウルはずっとこの約束を覚えていたのです!!!
そして、ソフィーを探し続けていたので出たセリフではないでしょうか?

そう思うと、とても一途なイケメンのハウル!!
素敵ですよね。

2人の出会いシーン・ハウルの指輪に注目!!

ソフィーとハウルの出会いでまだ注目していただきたい点があります!!
それは、ハウルの左手人差し指にしている指輪!!

物語の中で、ハウルがソフィーにあげる指輪ですね。
ソフィーが時空を超えてハウルに会いに行ったときに、導いてくれた指輪。

この指輪がなんと、出会いのシーンで光っているのです!!!
ということは、この指輪に導かれてハウルはソフィーに会いにきたのではないでしょうか?!

ロマンチック過ぎますね〜!
宮崎駿監督の憎い演出!!!
本当に天才ですよね!!!

ソフィーにあげたお花畑は契約の場所?


ハウルがソフィーにお花畑をプレゼントしました。
その際のソフィーの台詞がこちら。

不思議ね、私前にここに来たようなきがするの。
涙が出て来ちゃった。

このお花畑は、ハウルとカルシファーが契約した場所なのではないでしょうか?!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ハウルの動く城をもう一度見返してみたくなりますよね?!

是非!!
今年は夏が暑すぎる、、

という事で、家で涼しく映画鑑賞で夏を楽しみましょう!!!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

こちらもお勧め!






夏には涼しくおうちで映画!!!

スポンサーリンク


-ジブリ

error: Content is protected !!

Copyright© はりきりマルコの〇〇な話 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.