コナン映画

【異次元の狙撃手】蘭が強すぎ・うざい!理由・シーンを解説!

「異次元の狙撃手」のラストシーンは蘭姉ちゃんこと「毛利蘭」と沖矢昴が見所となっています。
こちらの記事でも沖矢昴の「了解」について書いています。ぜひ!

蘭ちゃんはとても強くて正義感が強い!素敵な女性という印象ですね。
実際にアニメ・漫画ではそんな蘭ちゃんであることが多いようです。

しかし残念ながら、蘭ちゃんは映画となるとどうやらキャラが変わってしまうことが多くあるようです。この蘭ちゃんの性格の変わりようが受け入れ難いと感じるファンの方が多いようです。

さらに今回「異次元の狙撃手」ではラストシーンで蘭ちゃんの強さとウザさが爆発!と言うことなのでそのシーンについてみていきましょう。

【異次元の狙撃手】赤井の了解が最高すぎ!深い意味があった?考察!(ネタバレあり)「了解」このセリフで興奮が止まらない・・と言う方も多いのではないでしょうか?沖矢昴が赤井秀一の声でのセリフです。数々ある劇場版コナンでも...

蘭ちゃんのうざいポイント解説

「異次元の狙撃手」で蘭ちゃんのうざいと言われているポイントがこちら。

  • コナンくんを守ってくれた世良真澄に注意
  • コナンの活躍で沖矢・赤井が犯人に狙いを定めていたのに邪魔になった
  • みんなを避難させてベルツリーから降りろと言ったのに勝手な行動をとり、人質になった
  • 犯人が銃を乱射している中をつっこで行って危なくなった。なのに「新一〜」「新一〜」とうざい・・

などがあるようです。

蘭ちゃんはヒロインなので、危ない状況になりそれをコナンくん(ヒーロー)が助けるというのは自然な流れかな・・と思います。それは視聴者もわかっているはず!それでも蘭ちゃんうざい。。と言いたくなってしまった上記理由をさらに掘り下げていきましょう。

コナンくんを守ってくれた世良真澄に注意

車の下敷きになるところだったコナン君を救ってくれた世良真澄。確かに保護者である蘭が注意する気持ちはとてもわかりますよね。保護者であればコナンもしっかりと叱って欲しいところ・・しかし、世良真澄に対してありがとうもなく注のみ。

これが優等生すぎるという理由からうざいポイントになっているようです。

コナンの活躍で沖矢・赤井が犯人に狙いを定めていたのに邪魔になった

しかし今回、蘭ちゃんがうざいと言われたのはやはり赤井・沖矢の見所?である狙撃シーンの邪魔になっていたことも大きいのかなと思います。

ラストシーンでもありコナン君と赤井・沖矢さんの見所!かなり期待したのにまさかの人質になっていた蘭ちゃん。
コナンが怪我を負いながら、赤井・沖矢を信じなんとか作った狙撃のタイミングにもかかわらず蘭ちゃん・・しかも犯人が銃を乱射している時に自ら突っ込んでいって人質になってしまった、蘭ちゃん。

確かのその後、赤井・沖矢の素晴らしい判断・腕で犯人の銃を撃ち落とすという、赤井・沖矢の見所が生まれました。そして蘭ちゃんの活躍で犯人逮捕・・
遠くからコナン君が「たく、容赦ねーんだから」といつもの終わりの流れ?になっていましたね。

しかし!多くの視聴者がこのラストの蘭ちゃんの行動にツッコミを入れたくなったようです。確かに・・そんな感じのシーンかもですね。

多くの方の記憶に残る場面としては間違いないシーンのようですね。

 




みんなを避難させてベルツリーから降りろと言ったのに勝手な行動をとり、人質になった

あゆみちゃんが人質となっていましたね。正義感の強い蘭ちゃんは子供たちを助けねば!と強く思ったことでしょう・・
子供探偵団の活躍であゆみちゃんは無事に開放!ほー、よかった。。

FBIとコナン君、赤井・沖矢さん頑張って!と思っていた中、混乱し銃を乱射っする犯人にまさか突っ込む蘭ちゃん!真正面から。そして怪我をして人質に。。という流れでしたね。

それだけではなく、あゆみちゃんを開放しこれで犯人一人になったところを赤井・沖矢さんに狙ってもらえる!と言うところで、蘭ちゃんが人質。

そして蘭ちゃんがうざい!シーンとなったのでしょう。

犯人が銃を乱射している中をつっこで行って危なくなった。なのに「新一〜」「新一〜」とうざい・・

危なくなると誰かに助けを求めたくなりますよね、きっと。それはわかる!

銃を乱射する犯人に真正面から突っ込んでいって、怪我をしてしまった蘭ちゃん。
それはそうなるよ・・がんばれ!と言うシーンで、
「どうしよう新一、、」と何回か言っています。どうやらこのシーンも、自ら危ない中にいったのに、「新一」「新一」うざい・・と言われてしまっているようです。

蘭ちゃん強すぎ!でうざい?

蘭ちゃんといえばとても強い!今回も炸裂でしたね!笑。うざいうざいと言われて不憫な蘭ちゃんでしたが、そんなシーンがおわれば蘭ちゃんの見所です。

しかしそんな最強シーンすらうざいと言われることもあるようです。それは、赤井・沖矢さんの狙撃シーンが蘭ちゃんの格闘シーンより薄まると言う理由もあるようです!

それぞれのファンにとって、活躍するシーンにより多くスポットが当たって欲しいですものね!しかし、コナンファンであることは一緒なのできっと分かり合えるはずですね!

コナン君が蹴った花火ボールのおかげで明るくなり犯人の所在はばっちり!
そして、赤井・沖矢さんが犯人の銃を撃ったので犯人は丸腰!

激しい技が繰り出されましたね〜。素晴らしすぎる回し蹴りや、犯人が危うく落ちそうになるほど激しいけり?。。スカッとしますね。

うざいと言われてもこの強さ!どことなくプラマイゼロなのかな?と思います・・




まとめ

「異次元の狙撃手」の蘭ちゃんがなぜうざいと言われるのか?見てきました。

映画になると蘭ちゃんのキャラが変わることが根底にあるのではないでしょうか?

嫌い嫌いも好きのうちという言葉があるように、名探偵コナンが好きな方が多くいることで生まれる「うざい」という現象なのではないでしょうか?これからも多くのコナン作品が誕生しますよね。蘭ちゃんがどんな性格なのか!そんなところにも注目していきたいですね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
Maruko
気になことを楽しく綴っていくブログです! 気楽に楽しんでいってください〜
error: Content is protected !!