ジブリ

【思い出のマーニー】太っちょ豚・信子(のぶこ)は神対応?嘘つき?

「思い出のマーニー」でかなり印象的なキャラクターと言えるのは
信子(のぶこ)ではないでしょうか?

杏奈に太っちょ豚と言われた信子。

筆者的には衝撃的なシーンでした。容姿のことでからかうことはタブーと言ってもいいのではないでしょうか?

子供は正直なのですが杏奈は12歳・・そして「太っちょ豚」と言ってしまった後に罰が悪そうな感じをしています。

そして話題なのは、信子の対応です。杏奈に太っちょ豚と言われた後、信子の対応が大人とのこと。

また、信子はカッターので杏奈に脅されたという嘘もついているようです。神対応の優しい信子・嘘をついて杏奈を陥れようとした信子。

一体どっちの信子が本当なのか?また神対応・嘘をついた背景について考察していきまうす。

【思い出のマーニー】杏奈の性格が悪いのは病気のためだった!? スタジオジブリの作品、「思い出のマーニー」。 主人公の杏奈が今までのジブリの主人公の性格にはない、闇・暗さを感じる方が多い...
ジブリまとめ記事 ジブリ作品は魅了的なものがたくさんありますよね!! それぞれの作品で気になる点を調べ、考察しました! 千と千尋の神隠し ...

信子の神対応が凄すぎる!

信子の神対応について見ていきましょう!

信子は杏奈が療養のために対峙する家の近くに住んでいる杏奈より1歳年上の女の子です。
外見がお世辞にも可愛いとは言えません。
が、引っ越してきたばかりで心細いであろう杏奈を気にかけているようです。

その気にかけた行動が七夕の短冊。
杏奈が書いた短冊のお願い事が何か信子が尋ねます。
杏奈が書いたお願い事は「普通に過ごせますように」
普通に見えてなかなかインパクト・意味深な尾根がごとですよね。

このお願い事は13歳の信子にしてみれば「??」という感じだったのでしょう。

そして信子は「普通・・・杏奈ちゃん、普通ってなあに?」
と疑問を口にします。

普通の会話ですし、杏奈を怒らせようとしたわけではないことがわかります。

そして更に信子は杏奈の目の色が青色であることを褒めました。

目の色が青い日本人はなかなかいませんよね。

これも杏奈が短冊に書いた「普通に過ごしたい」という願いの根底にあるのかな?と考察します。

信子は褒めてくれた。しかし杏奈からすればコンプレックスであったのでしょう。

だから怒りスイッチが入ってしまったのかなと感じます。

そして怒りスイッチを押された杏奈は。。

「いいかげん放っておいてよ!」
「太っっちょ豚」

と言ってしまいます。

その後。杏奈は慌てた様子なので思わず出てしまった言葉なのでしょう。

太っちょ豚って普通は怒りますよね?

しかし、信子は怒りません。
「普通の意味がわかったわ。でもかわいそうに普通のふりをしても無駄。
だってあんたは、あんたの通りに見えているんだから。はい!これで終わりにしましょう!ねぇ、今度私たちと一緒に。。。」

と言ったところで杏奈は逃げ帰ってしまいます。

信子・・確かに怒らないのは凄いですよね。そして、杏奈が青い目を気にしていることも気づいたのではないでしょうか?

言いたいこともあるのに、はい!おわり!と口喧嘩を終わらせることも凄いですよね。

しかし筆者は信子さん神対応なのかなと少し疑問に感じました。
確かに杏奈を気遣うことができる女の子です。
しかし怖いと感じました。笑

それは

「でもかわいそうに普通のふりをしても無駄。
だってあんたは、あんたの通りに見えているんだから。」

この言葉!少し意地悪な子に感じませんか?
杏奈が一番言われたくない言葉を選んでいるように感じます。

見た目が年上に見えても信子は13歳の女の子!
本当は心優しい子なのでしょう!しかし、やられたらやり返したくなる。そして実行した。

しかし、最終的にはい!終わり!で終わらすことができるのでやはり大人なのでしょう!
この部分が神対応と言われているのかなと感じました




信子はカッターで脅されたとなぜ嘘をついたのか?

神対応とネットで評判になるほど信子は良いこですよね。

しかし腑に落ちないのが太っちょ豚事件?の夜です。

信子の親が杏奈が療養している家に殴り込み=文句を言いに現れます。


信子の親は杏奈が信子にカッターナイフをちらつかせ脅したというのです。

えーーー!嘘だ!

ここで気になるのがこの嘘を言っているのは誰?

  1. 信子
  2. 信子の親 

    どちらかということになります。 

    親が嘘を捏造するでしょうか??
    かなり非常識な親ですよね? 

    杏奈の発言「太っちょ豚」が信子を傷つけ、更にカッターで脅してきたとなれば親も黙ってはいられなかったのでしょう・・
    考察になりますが、やはり信子が嘘をついたのかな、、と感じます。

杏奈を気にかけ声をかけた。
しかし杏奈は答えないどころか「太っちょ豚」と貶してきた。
そのことを水に流して遊びに誘ったら逃げていった
信子には杏奈の対応が耐えられなかったのではないでしょうか?

杏奈にしてみれば思わず罵ってしまうほど、嫌なことを言われたのでしょうが、信子にはその気持ちはわからないですよね。

だから思わず親に嘘を言ったのではないでしょうか?

カッターはどこから出てきたの?

信子がなぜカッターと言ったのでしょうか?
信子は河原でスケッチをしていた杏奈が鉛筆をカッターで削っていたところを目撃していたので、信子がとっさに嘘がつけたのでしょう。




信子と杏奈が仲良しに!?

物語のラストで杏奈は信子に「太っちょ豚」と言ったことを謝ります。
そして信子は「来年はゴミ拾いをするのよ」と言いました。

これは信子は杏奈の謝罪を受け入れ、来年の約束をしたということではないでしょうか?

信子は根は優しい子なのだと思います。
ですので、しっかりと誤ってくれれば今までのことを水に流して仲良くしていくということなのではないでしょうか?

杏奈もできるなら友達になりたかったのかな?と思います。
これから2人は友情を育んでいくのでしょうか?

 

まとめ

信子は神対応もできるが、普通の13歳。嫌なことを言われたので、やり返すこともある女の子。だと思います。

しかし根は優しいのでどんどん素敵な女性になっていくでしょう!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
Maruko
気になことを楽しく綴っていくブログです! 気楽に楽しんでいってください〜
error: Content is protected !!