ジブリ

【魔女の宅急便】ジジが話せない理由はキキが大人になった!(考察)

魔女の宅急便の主人公キキ(13歳)の
相棒は黒猫のジジ(13歳)。

誕生日も一緒で通じ合っている2人。

しかし物語の中盤にキキはジジの言葉がわからなくなります。

そして物語のラストまでジジは話すことがありませんでした。

話すことがなくともキキとジジの関係は変わることなく
2人は意思疎通できているように感じました。

多くの方の疑問はなぜジジは当然話せなくなったのか?

今回は考察を交えながら考えていきましょう。

【魔女の宅急便】キキが飛べない理由は初潮だった!シーンを調査・考察! スタジオジブリ作品の 「魔女の宅急便」は大人気作品ですよね。 主人公の「キキ」がホウキで空を飛べなくなる シーンは...
【魔女の宅急便】舞台・モデルはどこ?クロアチア?舞台地を検証! 魔女の宅急便でキキが選んだ大きい時計台がある街はとても美しいですよね。 スタジオジブリの作品には舞台があることが多いのでは...
【魔女の宅急便】キキとウルスラの声優が同じ!理由が深い!(考察) 魔女の宅急便の主人公の「キキ」と絵描きの「ウルスラ」の 声優が一緒だと気づいている方は多いはず! コナン役で有名な「高山...
【魔女の宅急便】キキがパン屋で急いでトイレに行った理由・意味は? 魔女の宅急便の主人公「キキ」がお世話になるオソノさんのパン屋 『グーチョキパン』店。 このパン屋のシーンでキキがトイレに...

ジジが話せなくなった理由とは?

ジジが突然話せなくなりそのままラストを迎える
理由は以下のようなことが考えられるのではないでしょうか?

  1. キキの魔法が弱まったから(飛べなくなった)
  2. ジジに彼女ができたから
  3. キキが大人になった(成長した)から

それぞれ見ていきましょう。

ジジが話せなくなったのいつだったか?思い出していきましょう。

キキがトンボ(コポリさん)にお届け物をして楽しく過ごしました。

しかしキキとトンボが楽しく

過ごしていた海辺に、
トンボの女友達(イケてるシティーガール)が車で登場。

そしてキキはその女友達に対して複雑な感情を抱きトンボに
素っ気ない態度をとりその場を後にします。

そして家に帰ってから自己嫌悪に陥りジジに話しかけます。

初めは自分でいっぱいいっぱいで
「ニャーニャー」となくジジに気も止めませんでした。

しかしジジが全く話さないということに気づきます。

今ままで一緒に食事をしていたのにジジはどこかへ。。
まるで普通の猫のようになってしまう・・

という展開でした!

 

1、キキの魔法が弱まったから

キキは突然飛べなくなります。
そして同時期にジジとも話せなくなりました。

このことが始まりなのでしょうが、物語のラストでキキは
飛べるようになります。

今まで使っていなかったデッキブラシで飛べるようになりますね。

しかしジジが話すことは物語のラストまでありませんでした。

しかし、言葉は話せずとも意思疎通ができるようになったと感じますね。

ということで、
キキの魔法が弱まったこと・飛べなくなったこと
ジジと話せなくなるきっかけになったかもしれませんが、
ジジはその後もずっと話せないままなので、原因はこれだけではないように感じます。




2、ジジに彼女ができたから

キキとジジが話せなくなる前からジジにはガールフレンド
白猫のリリーちゃんができたような描写がありました。

キキがトンボと仲良くなのと同じようなタイミングですよね。

さすがは誕生日も一緒の相棒です!

しかしジジに彼女ができたのは、キキがジジと話せなくなる前から
なのではないでしょうか?

ジジが話せなくなった日には
リリーちゃんと出かけることをキキに話しています。

そしてエンデイングでは
4匹の子猫と一緒にいるジジの画像が流れます。

ジジが結婚し子供が生まれてもキキは飛べれようになったという
ことはジジの彼女・結婚は話せなくなったことと関係ないのかな?
と感じます。

3、キキが大人になった・成長したから

キキがトンボとの恋を経験し、同年代の女子への嫉妬などを
経験し大人になったことでジジの声が聞こえなくなったという
ことが考えられます。

また、キキの成長とは初潮を迎えたことでもあるのではないでしょうか?
その件についてはこちらの記事で詳しくお読みください!

【魔女の宅急便】キキが飛べない理由は初潮だった!シーンを調査・考察! スタジオジブリ作品の 「魔女の宅急便」は大人気作品ですよね。 主人公の「キキ」がホウキで空を飛べなくなる シーンは...

宮崎駿監督は「魔女の宅急便」の
公開当初のトークショーでこのようなコメントをされています。

ジジが話さなくなったのではなく、変わったのはキキ自身だったというわけです。

ジジの言葉はキキ自身の声であったのです。

そしてジジの声が聞こえなくなったということは、
ジジの声が必要ではないほどキキが成長したということ。

魔女として女性として人として。

生まれたときから一緒にいたキキとジジ。

ジジとは意思疎通ができるほどの仲だったのでしょう。

しかし、ジジの声はキキが欲しい声だった。

キキがトンボとの関係・恋愛・異性との友情など経験することで
広い世界を見るようになったのではないでしょうか??

子供がお人形を使って遊びということの延長に
ジジとキキとの会話があったのでは?と考察します。

しかし経験を積んだキキとジジ。

それぞれの生活があり言葉がなくとも
意思疎通できるようになった。

そしてキキとジジは言葉がなくとも相棒として成長した
ということなのではないでしょう?




まとめ

ジジが話さなくなった理由は諸説あります。

考察として、キキが成長し大人になりジジとの会話が必要なくなった
自分自身と向き合えるようになったからではないでしょうか?

想像が膨らむジブリ作品!本当に素晴らしいですね!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

【魔女の宅急便】キキが飛べない理由は初潮だった!シーンを調査・考察! スタジオジブリ作品の 「魔女の宅急便」は大人気作品ですよね。 主人公の「キキ」がホウキで空を飛べなくなる シーンは...
ABOUT ME
Maruko
気になことを楽しく綴っていくブログです! 気楽に楽しんでいってください〜
error: Content is protected !!