ジブリ

【魔女の宅急便】キキが飛べない理由は?初潮の噂は本当か?考察も!

スタジオジブリ作品の「魔女の宅急便」は大人気作品ですよね。主人公の「キキ」がホウキで空を飛べなくなるシーンは印象的で覚えている方も多いはず。。。

物語の中ではなぜキキが飛べばくなったのか?謎は明かされず、視聴者の想像次第・・といった宮崎駿監督の演出!なのかなという感じですよね。

ネット上でも何が理由なのか?多く語られています。その中の理由に

「キキが初潮になったから」

というのが多くの方が考えるキキが飛べなくった理由のようです。今回はキキの初潮シーンがあるとのことなのでそのシーンとはどこなのか?キキが飛べなくなった理由が
なぜ初潮と言われるのか?その根拠について調べていきます。

【魔女の宅急便】ジジが話せない理由はキキが大人になった!(考察) 魔女の宅急便の主人公キキ(13歳)の相棒は黒猫のジジ(13歳)。誕生日も一緒で通じ合っている2人。しかし物語の中盤にキキはジジの...
【魔女の宅急便】舞台・モデルはどこ?クロアチア?舞台地を検証!魔女の宅急便でキキが選んだ大きい時計台がある街はとても美しいですよね。 スタジオジブリの作品には舞台があることが多いのではないでし...
【魔女の宅急便】キキとウルスラの声優が同じ!理由が深い!(考察) 魔女の宅急便の主人公の「キキ」と絵描きの「ウルスラ」の声優が一緒だと気づいている方は多いはず! コナン役で有名な「高山みな...
【魔女の宅急便】キキがパン屋で急いでトイレに行った理由・意味は?魔女の宅急便の主人公「キキ」がお世話になるオソノさんのパン屋『グーチョキパン』店。 このパン屋のシーンでキキがトイレに駆け込んだ場...

飛べない理由はキキの初潮?シーンはどこ?

魔女の宅急便のキキが飛べなくなった理由が「キキの初潮」そのシーンがあるようなのです??え?そんなシーンあったけ?と筆者は感じました。かなり気になります。調べてみると・・

キキが飛べなくなった時にお腹を押させているシーン

初潮を迎え、キキがお腹に違和感を感じ蹲ったということでしょうか。調べてみるとこのシーンでしょうか?

出典;魔女の宅急便

確かにお腹を押さえているように見えますが。。。お腹が痛いのかはなんとも微妙な感じですね。

しかしこのシーンはキキのとってかなり重要なターニングポイントになったとも言えるのではないでしょうか?

キキの魔法の力が弱まり、空を飛ぶことができなくなってしまいました。そしてジジとも話すことができなくなる。

なぜ上記のようなことが起こったのかははっきりと分かりません。だからこそ、女の子の身体に大きな変化が起こる「初潮」が何かの形で、キキの魔力に影響したのかなとも考えられますよね。しかし、初潮とはなんともこじつけのようにも感じます。詳しくみていきましょう。

キキが飛べない理由が初潮と言われる理由は?

キキが飛べなくなった理由は以下のような理由が考えられるのではないでしょうか?

  • キキがトンボに恋をしたから
  • 同年代の女の子に劣等感を抱いたから(自分に自信がなくなった)
  • キキが大人になったから(初潮を迎えた)

どれも納得いく理由のように感じますね。キキがトンボに恋をして、そして初潮を迎える。大人の女性へとなった時の体・心の変化から飛べなくなった。ということでしょうか。一つずつみていきましょう。

キキがトンボに恋をした

キキはトンボに好意を持っているのでしょうが、その気持ちが自分自身ではLOVEであるとは気がついていないように感じます。ジジやおソノさんたちに向けているのとまだ同じ気持ちなのでは・・。キキの魔力に影響するほどの気持ちというのがなんとなくしっくりこないように感じます。




同年代の女の子に劣等感を抱いたから(自分に自信がなくなった)

キキは田舎の街から憧れを持って都会の街へとやってきました。都会の女性たち(キキと同年代を含む!)はキキと比べてどこかスタイリッシュで垢抜けているように感じますね。

例えば、服装です。キキは真っ黒のワンピースですが、トンボと友達の女の子たちはカラフルでおしゃれ。遊びも派手ですよね。オープンカーに乗って飛行船などをみに行ったり、日常的に華やかそうです。

女の子たちと比べて自信がなくなったということはかなりキキの気持ちに変化がありそうです。魔法を使えなくなった理由の一つとも考えられそう・・

※ちなみに!キキが黒い服を着ているのには理由があるのです。宮崎駿監督がインタビューで以下のように話しています。

黒い服は、もっともそまつな服を着ているという意味だと思うんです。いちばんそまつな服を着て、着かざったりしないで、ありのままの自分の姿で、自分の世界を見つけに行く。それが魔女の修業なんだということだと思う」

出典;金曜ロードシネマクラブ

 

キキが大人になったから(初潮を迎えた)

キキが初潮を迎えたから飛べなくなったと言われている理由が、が宮崎駿監督のコメントのようです。

  • キキが飛べなくなった理由は「理由は女の子の思春期の特有のものだ」
  • ジジが話さなくなったのではなく、変わったのはキキ自身

上記のコメントを宮崎駿監督がされたことで、「生理=初潮」がきたのでは!?と考察されたようです。

キキは13歳の女の子ですよね。そして初潮がくる平均は12歳だそうです。確かに年齢てきには初潮を迎えてもおかしくありませんが、個人差があるものですよね。そして思春期特有のものというのもなんとなく???となる気がします。

飛べなくなるとともにキキはジジの言葉がわからなくなります。生まれた時から苦楽を共にしてきた、1番の理解者であるジジ。そんなジジが話せなくなる。キキにとってはこれ以上ないほどの衝撃、ショックですよね。
そしてジジが離せなくなったのは、キキ自身が変わったからというもの。

キキがどのように今までと変わったのでしょうか?ジジと話せない=飛べないということは、キキの魔力全体のこと。この変わった理由・原因について次の章で考察していきましょう。

キキが飛べなくなった理由・キキ自身が変わったから

「ジジが話せなくなったのは,キキ自身が変わったから」

宮崎駿監督がインタビューで語った言葉。ジジと話せなくなるということはキキの魔力が不安定になっているということであり、キキが飛べなくなったということと関わりがあるように感じますよね。

では、キキがどのように変わったのか掘り下げ・考察していきます。

キキ自信が変わったということは、今までのキキではないということ。田舎町から出てきた純粋な希望を持つ少女ではなく、現実の厳しさを味わった少し大人になったということではないでしょうか?

魔女の修行に出た時のキキは、素敵なことを思い浮かべていた少女でした。多くの方が同じような経験があるのではないでしょうか?やりたいこと夢・希望があり思い描いている。実際にその道を進み、初めて知る厳しさ、挫折があるのではないでしょうか。その経験をしたキキは田舎町を出発した時は変わったと考察します。

ではどのような出来事がキキを変えたのか!

  • 順調に行っていた仕事がうまくいかなくなってきた→挫折
  • 都会の女の子と比べて劣等感・嫉妬を感じた
  • ウルスラやおソノさん、年上の魅力的な人たちとの出会い(母親を除いて・・)

順調に行っていた仕事がうまくいかなくなってきた→挫折

キキが自信を持っていたのが空を飛ぶこと。そして自分を生かせる仕事=宅配を始めます。仕事は順調に進みます。母親の仕事を見ていたキキは仕事で多く人が、その仕事に感謝し喜ぶことを想像したのではないでしょうか?

※当たり前なのですが、仕事とは全てが思い通りにいかないし嫌なことがあるものです。それをどのように対処・対応していくか、受け止めていくがで成長できるができないかと別れていくのかなと感じます・・

キキは当初、みんなから必要とされ感謝された。孫にニシンのパイを届けたいと思うマダムを手伝いました。オーブンが壊れたので、キキは自分が汚れるのを厭わずに古い竈門で焼き上げた。そしてマダムの孫娘の誕生日パーティーにパイをずぶ濡れになりながら届けた・・。しかし孫娘からは感謝の言葉もなく、「このパイ嫌いなのよね」という強烈な一言。直接キキを批判するようなものではありませんでしたが、仕事が誰かの役に立つ!感謝される!と信じてやってきたキキへのダメージを思うと。。。そのダメージは計り知れないものがありますよね。

ここまでキキは色々と問題が起こりながらも乗り越えてうまくやってきた。この出来事はキキを打ちのめす挫折だったのではないでしょうか?

この挫折はキキの精神・魔力に影響し「ジジと話せない」「飛べなくなった」ことに関係しているのかなと感じます。

都会の女の子と比べて劣等感・嫉妬を感じた

キキは元々負けん気が強い気もします。気が弱ければそもそも1人で旅に出ないですよね。だからこそ、「黒い服」にコンプレックスがあっても華やかな服を着る都会の女の子たちに負けたくなかった。しかし負けたくないという気持ちはコンプレックスの裏返してもあるのかな?と感じます。田舎出身の地味な服を着る自分ということへの。そして、仲良くなったトンボ。キキを優先するのかと思いきや、都会の華やかな女の子たちの誘いにも乗る。あの子達の誘いに乗ると!?というキキの怒りが少し見え隠れする部分がありましたよね。

しかしトンボにはそのキキの心が届いていない。キキにも訳がわからない怒りだったのではないでしょうか?トンボを取られそうな寂しさの怒りであり、華やかな女の子たちへの嫉妬であり。。

この感情もまた、魔女の修行へ出発した時には知り得なかったものなのかなと感じます。そしてこの感情を知ることで大人になり、キキ自身が変わった一因なのかなと考察します。

ウルスラやおソノさん、年上の魅力的な人たちとの出会い

「魔女の宅急便」にはキキ(13歳)・ウルスラ(18歳)・おソノさん(26歳)・キキの母・コキリさん(37歳)・ケーキのマダム(70歳)。
1人の女性が成長していく姿を描いているそうです。※こちらの記事より

キキが出会ってきた女性たちはそれぞれが魅力的であり、自分を持ち前向きに生きているという印象です。そして初めはどこか頼りなく、わがままなのかな?と感じたキキも多くの人と出会いたくさんのことを経験する中で成長していきます。

そしてキキのその後が、出会った女性たちのようになっていくのであればジブリファンとして、筆者は嬉しいなの一言です。

キキはたくさんの出来事で変わったのでしょう。そして、困難を乗り越えてまた飛べるようになった。母親からもらった箒ではなく自分で掴み取ったデッキブラシで・・

そして前向きに生きていく。「落ち込んだりもしたけれど、私はげんきです。」まさにこの言葉につながっていくのかなと感じます。




まとめ

キキが飛べなくなった理由は、巷で噂の「初潮」ではなくキキ自信が変わったから=色々と経験して大人になったからだと考察します。

キキが成長する過程、経験。多くの方に覚えがあることなのかなと感じます。そしてその頃の葛藤、気持ちを思い出させてくれる素敵な物語だと改めて感じます。

これからも何度も見返して楽しみたいですね。ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

ABOUT ME
Maruko
気になことを楽しく綴っていくブログです! 気楽に楽しんでいってください〜
error: Content is protected !!